フランス語の和訳

スポンサードリンク

フランス語を和訳するしごとについておはなしします。通訳とのちがいは、頭の使い方だそうです。通訳はその場で会話をリアルタイムに訳すので、言葉を途切れさせないような頭の使い方をし、一方、フランス語を和訳する翻訳は、文字として残るのでじっくりと考えます。特に専門的な内容の文章は細かく調べておかないとなりません。ゆっくりで良いのですが、締切りがあることがほとんどです。訳すものは、小説が一般の人には目につくところですが、フランス語学校から法定翻訳の依頼を受けるなど、さまざまです。法定翻訳とは、日本で発行された証明書とそのフランス語訳が同一の内容であることが公的に証明されている翻訳のことを指します。フランス語を和訳するときに必要なものは、電子辞書、辞典、映画翻訳用のDVDプレイヤーだと答えるフランス語の和訳者が多いようです。和訳するしごとで難しいのは、単語の変換です。紙の上の仕事なので、発音は余り気にすることはないようです。

フランス語を和訳翻訳

フランス語を和訳することを翻訳といいます。フランス語を和訳するたのしみは、一般には他の人間がある言語で書いた一定の内容を持つ文章を、その同じ内容のままで他の言語に移し変えることです。フランス語を和訳する作業を、このようなものとしてだけ捉えるならば、それは同じものに違った外形を与えるだけの創造性のないどちらかといえば機械的な営みのように思えるかもしれません。仏和翻訳と和仏翻訳の違いも、入力と出力を単に逆方向にすることに過ぎなくみえることもあるでしょう。フランス語を和訳する者は、日仏両言語とその間の変換ルールの箱を頭の中に納めた人間と捉えられます。しかし、フランス語を日本語に訳したりまたその反対に和仏訳をしたりするフランス語翻訳作業は、文化的な架橋をするということを含むのであって、双方にまたがる複雑な意味理解を前提とする決して機械的ではないむしろ創造的な仕事と言えます。ここが翻訳の難しさであり、併せてたのしみでもあるのです。

フランス語を和訳に辞書

フランス語を和訳するときに欠かせないのが、辞書・辞典の類いです。インターネット上に、たくさんの辞書サイトが現れた現在でも、フランス語を和訳する際には、元来の辞書と、電子辞書を使う人が多いです。翻訳をする媒体は、PR誌、ニューズレター、会社案内、外国語資料・取扱い説明書などの印刷物用、 ホームページのコンテンツ、さらには個人のコミュニケーションツールなどの実務翻訳など多岐にわたることが多いです。ですから、やはり出版社が版元で編纂されている辞書が、信頼できる情報ソースとして使われることが多いようです。海外滞在を長く経験する人や、英語以外の外国語に興味を持ち真剣に学ぶ人が普通に見かけられる時代です。フランス語を和訳することを、今まで外注していた会社も社内で済ませるというところが増えています。そのような中で、フランス語を和訳することを請け負う会社は、価格競争に走ったり、ネイティブの人材をむやみに起用したりすることもあるようです。

本日ラッキーニュース


おみくじは 末吉


ラッキーカラーは 


ラッキーな場所は 八百屋


本日は2014年10月01日です。現在、20時11分42秒。

スポンサードリンク